▲TOPへ戻る


●タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、エアゲージにより点検し、自動車メーカーの指定空気圧に調整して下さい。
●自動車メーカーの指定空気圧は、車輌のドア付近に表示されています。不明の場合には、タイヤ販売店にご相談下さい。
●空気圧に過不足があると、タイヤが損傷したり、事故につながる恐れがあります。タイヤの空気圧は徐々(自然に)に低下していきます。このため目安として最低1カ月に一度は空気圧の点検を行ってください。
●特に偏平タイヤの空気圧不足は、見た目に分かりづらいため必ずエアゲージによる点検をして下さい。
●空気圧点検後、バルブからの空気漏れを防ぐため、バルブ口にせっけん水等をつけて空気が漏れていないことを確認の上、必ずバルブキャップをつけてください。
●スペアタイヤの空気圧は、定期的(1回/年)に点検し自動車メーカーが指定した値に調整して下さい。
 
●タイヤの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換して下さい。
道路運送車両の保安基準第9条に規定されています。
但し、小型トラック用タイヤは高速道路を走行する場合、残り溝が2.4mm以上であることとする使用制限を守ってください。
●残り溝1.6mmを表す目安として、スリップサインを設けています、
スリップサインとは、タイヤの溝底に1.6mmのゴムの盛り上がりを設置した部分をいいます。
 
●積雪路及び凍結路走行の場合は、冬用タイヤの残り溝深さが新品時の50%以上あることを確認してください。(設置部に冬用タイヤの摩擦限度を示すプラットフォームが露出しているか否かで判断して下さい。)溝深さが50%未満のタイヤは冬用タイヤとしては使用できません。
●タイヤにチェーンを装着して、積雪又は凍結していない道路を走行すると、タイヤ、タイヤチェーン及び車両を損傷したり、スリップする恐れがあるので避けてください。
●タイヤチェーンは、タイヤサイズに適合するサイズのものを駆動輪に装着してください。なお、四輪駆動車にタイヤチェーンを装着する場合は、自動車の取り扱い説明書を参照していただくか又は自動車販売店にご相談ください。
●タイヤチェーンを装着した場合は、下表の速度で走行してください。
道路 走行速度(km/h)
金属チェーン 非金属チェーン
積雪路及び凍結路 30以下 50以下

コードに達している外傷、ゴム割れのあるタイヤは使用しないで下さい。タイヤに亀裂又は釘、金属片、ガラスなどが刺さっていた場合は、タイヤ販売店に相談の上、取り除いてください。(異物を取り除いた場合、急激に空気が抜ける恐れがあります。)
●タイヤサイド部に回転方向又は取り付け方法等の指定があるタイヤは、その指定通りに正しく装着してください。
 
●タイヤの位置交換は、車両の使用条件及び磨耗状態に応じて行ってください。また、偏磨耗の兆候が認められる場合は、速やかに行ってください。
但し、回転方向又はタイヤの取り付け方法を指定されたタイヤについては、タイヤの販売店にご相談下さい。
●タイヤを保管する場合は直射日光、雨及び水、油類、ストーブ類の熱源及び電気花火の出る装置に近い場所などを避けてください。
●タイヤはゴム製品であり、長期間使用すると(スペアタイヤなど、リム組状態での保管でも)徐々に経時変化します。使用開始後5〜7年を目安に引続きご使用の場合は、安全走行を確保するため必ずタイヤ販売店にて点検して下さい。
●ホイールバランスが狂うと、ハンドルの振れや操縦不安定となります。このような状態を感じたら早急にタイヤ販売店にご相談下さい。
 
●タイヤのタイプやサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、なれるまでは注意して運転してください。
●タイヤを傷つけるおそれがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の凹みや突起物の乗り越しなどは避けてください。
●急発進、急加速、急旋回及び、急停止は危険ですので避けてください。特に湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故になる恐れがあるため、急カーブでは減速するなど、道路現状に応じた適切な運転をして下さい。
●走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保して下さい。特に、湿潤路、積雪路及び凍結路走行時は充分な車間距離を確保して下さい。
●走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、速やかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検して下さい。外観上、異常がなくても早期にタイヤ販売店へ点検を依頼してください。
●その他ご不明な点などは、タイヤ販売店にご相談下さい。

 

 

 

Copyright (c) 2008 滋賀県タイヤ商工協同組合 All rights reserved.